労働基準法 就業規則D 就業規則作成

労働基準法 就業規則D就業規則を作成

労働基準法第90条では、就業規則を作成したり、変更する場合には、労働者の代表の意見を聴かなければならないと定めています。

就業規則は、基本的に会社側が作成するものですが、一方的に労働条件や服務規律などが決められて記載されないように、労働基準法では、就業規則を作成したり、変更する場合には、労働者の代表の意見を聴かなければならないとしています。


ここで言う労働者の代表とは、会社や本社、支社等の事業場単位で考えて、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合にはその労働組合をさし、
その様な労働組合がない場合や労働組合があってもその組合員の数が労働者の過半数を占めていない場合には、労働者の過半数を代表する者をいいます。


労働者の過半数を代表する者に関しては、会社・事業所の労働条件を管理するような立場の人は、代表にはなれません。
また、会社側が一方的に決めたり、一定の役職者が自動的に代表となったりすることも認められません。

基本的に選挙、または挙手と言ったように、労働者の意思を反映する事が必要です。

なお、過半数代表者になろうとした事や、過半数代表者である事、過半数代表者として正当な行為をした事を理由として、不利益な取扱いをすることは禁止されています。


また、意見を聴くと言う項目については、単に意見を聞くと言う意味です。
同意を得るとか協議を行う事まで要求しているものではありませんし、法的拘束力もありません。
しかし、就業規則は労使対等の立場で決定するのが原則ですので、一方的に決めようとするのは後々のトラブルにもなりかねません。

posted by 労働法 at 01:24 | 労働基準法>改正・規則

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。