労働基準法 就業規則A 労働基準法第89条

労働基準法 就業規則A


労働基準法第89条では、就業規則に関しての決め事を記しています。
常時10人以上の労働者を使用する事業場では必ず就業規則を作成する必要があり、10人未満であっても作成することが望まれます。



この10人という場合は、労働者の入れ替えなどで、時として10人未満になることがあっても、殆どの場合10人以上であれば、必ず就業規則を作成しなければなりません。

この場合の労働者には、正規社員のほか、パート労働者や臨時のアルバイト等すべての者を含みますので注意してください。
つまり、正社員とパートをあわせて10人以上いれば、就業規則を作成する必要があります。


なお、労働者数が10人未満である場合には、労働基準法上は就業規則を作成しなくても違法ではありません。
しかし、労働条件や職場で守るべき規律などをめぐる事業主と労働者との間の無用の争いごとを未然に防ぐという就業規則の目的から考えて、就業規則は作成しておくほうが無難です。


posted by 労働法 at 01:21 | 労働基準法>改正・規則

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。