労働基準法 改正E 裁量労働制

労働基準法 改正についてE 裁量労働制に関する改正U


労働基準法第38条の4では、企画業務型裁量労働制に関して、以下のように改正されています。

1・対象事業場を本社等に限定しない事
2・労使委員会の決議は、委員の5分の4以上の多数による事
3・労使委員会の労働者代表委員は、改めて事業場の労働者の信任を得ると言う要件の廃止
4・労使委員会の設置届の廃止
5・使用者の行政官庁への定期報告事項は、対象労働者の労働時間の状況及びその労働者の健康・福祉確保措置の実施状況に限定

6・この報告は「決議の日から6か月以内ごとに1回」とすることとされました。

この労働制は、事業運営の企画、立案、調査及び分析の業務を行うホワイトカラー
posted by 労働法 at 01:20 | 労働基準法>改正・規則

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。