労働基準法 改正A 有期労働契約

労働基準法 改正についてA有期労働契約に関する改正

労働基準法が改正され、契約期間の上限の延長される事となりました。
第14条第1項では、 期間の定めのある有期労働契約について、事業の完了期間のあるもの以外は、契約期間の上限は原則3年となります。
従来の一年から延長されています。
 

また、有期労働契約を締結した労働者は、労働契約の期間の初日から1年を経過した日以後は、使用者に申し出ることにより、いつでも退職することができます。

しかし、事業の完了期間のある場合や、一定の条件がある場合は除外されます。
この場合の条件とは、高度の専門的な知識、専門的知識等を有する者や、満60歳以上の者に関する事柄です。

この者達との契約に関しては、有期労働契約を締結する場合の契約期間の上限は5年とされます。



有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準に関しても、締結時や期間満了時のトラブル防止をはかるために規定が出来ました。
トラブル防止の為に、使用者が行なう措置について、厚生労働大臣が基準を定めることができ、「有期労働契約の締結、更新及び雇止めに関する基準」を制定しました。

行政官庁は、この基準に関して、使用者に対して必要な助言や指導を行うこととなります。

posted by 労働法 at 01:14 | 労働基準法>改正・規則

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。