労働基準法 退職F 退職届

労働基準法 退職についてF 退職届

民法上、退職は自由ですが、会社が認めてくれない場合も考えられます。
その場合でも、民法の規定に則って退職の意思表示をしてから二週間で雇用契約は解約される事になります。

会社としては、退職届を受け取らないなどの行動に出てもそれは認められません。
あくまで退職の意思表示後、二週間を経過すれば、雇用契約は解約になります。
     
ただし、トラブル防止のため、配達証明付きの郵便で退職届を会社へ送付する方が良いでしょう。


逆に、退職届を提出後に撤回する場合は、退職届と同じように内容証明付きの郵便で会社に意思表示したほうが良いでしょう。

退職届の提出が退職の成立を意味するのではなく、会社側が退職辞令を交付する場合等の退職を認めたと言う意思表示することによって、退職が成立
すると考えられている為です。

従って、退職届提出後も、会社側から意思表示がない間は、いつでも退職の意思表示を撤回できます。

posted by 労働法 at 21:16 | 労働基準法>退職

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。