労働基準法 退職@

労働基準法 退職について@


労働期間の定めのない場合は、退職予定日の14日前には会社へ退職願いを出します。
因みに、労働者の権利を謳う労働基準法には退職に関しての規定はないため、就業規則に則った退職方法を取る事になります。

なお、会社によっては、引継ぎなどの都合で、1ヵ月〜3ヶ月前までに言わなければならないと就業規則で定められている場合もありますが、労働基準法に規定がないために、この場合でも問題はないとされます。

ただ、円満退職をするなら、就業規則などに従い、やむをえない場合でも14日前には申し出るほうがいいでしょう。
この部分は、民法627条の規定に則っています。

なお、会社が退職を認めてくれない場合でも、内容証明で退職願を出すという方法もあります。



期間定めがある場合は、契約通り、期間終了まではやめることができません。
突然辞めることによって会社に大きな損害が生じる場合は、債務不履行によって損害賠償を請求される事もあります。
ただし、その場合でも請求されるのは、実際に生じた損害金です。

posted by 労働法 at 21:09 | 労働基準法>退職

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。