労働基準法 違反 アルバイトとパート労働者

労働基準法 違反について

アルバイトとパート労働者の服装・装飾

職場によっては髪の毛や装飾、または服装などでも細かく規定している場合があります。
基本的には髪型・服装など個人的な部分ついては、本来は自由です。


会社は労働者に命令出来る立場ですが、どこまで規定して良いのかと言う点で、問題も発生します。
ただし、会社の命令に合理性がある場合は服装・髪型がいくら個人の自由だとしても、制限される事はありえます。


接客業や食品製造業などでは、特に髪型などの衛生面や、身だしなみ等が厳しく見られます。
従業員の見た目が、会社や店舗のイメージに影響するのであれば、これらの規定は合理的判断される事が多い様です。

また、装飾品などに関しても安全面で問題が生じる仕事の場合は、当然規制されます。

posted by 労働法 at 02:57 | 労働基準法>違反

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。