労働基準法 違反 アルバイトとパート労働者

労働基準法 違反について

アルバイトパート労働者

労働基準法で決まっているのは、労働者が賃金を貰う時間に対しての決まりごとです。

従って、労働時間以外の時間に関しては、会社は制限を設けることは原則として出来ません。


仕事が終った後は労働者の自由であり、アルバイトや兼業・副業を就業規則で規制することはできません。
その為に、就業規則でアルバイトを規制するということ自体が労働基準法違反になる場合があります。
その様な場合は、就業規則に決まっていても、無効と判断されます。


ただし、どんな場合でも制限がされないかと言うとそうではありません、

公務員は法律で兼業が禁じられていますし、自分の会社に損害を与える恐れのあるライバル会社でのアルバイトや、会社のイメージを落とすような仕事は、制限される事となります。
この部分は、アルバイトの禁止と言うよりも、就業規則で会社にダメージを与える行動を禁止する部分に引っかかる場合があります。



また、就業規則に予め申告する事を義務として定めている場合は、報告をしたほうが無難です。
会社にとってマイナスにならないのであれば、問題ないと判断されるでしょう。

しかし、アルバイトを行う事ができても、それで疲労してしまい本業に悪影響が出るなら、勤務態度が問題と判断されて何らかの処罰を受ける可能性はあります。

行なう前には会社に確認すると共に、自己管理を徹底したほうが良さそうです。
posted by 労働法 at 02:57 | 労働基準法>違反

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。