労働基準法 違反 賃金未払い

労働基準法 違反について

賃金未払い

労働基準法第24条に定められている権利として、賃金を会社側の都合だけでカットすることはできません。
就業規則に賃金に関する条項があっても、合理的理由と、本人の同意が必要になります。


@通貨払い
A直接払い
B全額払い
C毎月1回以上払い
D一定期日払い
 


賃金未払いの一つとして、勝手に賃金カットをされる場合があります。
その際は、未払い分を計算し、内容証明郵便で会社に請求します。


それでもダメな場合は、労働基準法第24条違反として労働基準監督署に申告します。

○未払賃金の確認申請書を提出して、”確認通知書”の交付を受けます。
○また、監督署に出向く際は、会社との交渉メモ、タイムカード、賃金台帳、給与明細、労働協約、労働契約書、就業規則等を持参します。
○簡易裁判所に支払督促の申立します

注意点としては、 2年を過ぎると、時効が成立して、未払い賃金の請求はできなくなります。
posted by 労働法 at 02:52 | 労働基準法>違反

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。