労働基準法 違反B労働基準監督官

労働基準法 違反についてB労働基準監督官


労働基準法に違反している場合などには、労働基準監督署から調査されます。

○労働基準監督官は、会社に立ち入ったり、帳簿や書類の提出を求めたりできます。

これは労働基準法 第101条に規定されており、労働基準監督官は、事業場、寄宿舎その他の附属建設物に臨検し、帳簿及び書類の提出を求め、又は使用者若しくは労働者に対して尋問を行うことができるとなっています。

なお、労働基準監督官は、その身分を証明する証票を携帯しなければなりません。

 
○労働基準監督官の権限で逮捕もできます。

労働基準監督署の職員である労働基準監督官は逮捕もできます。
労働基準法違反の罪について、刑事訴訟法に規定する司法警察官の職務を行うとなっており、権限は大きいのです。



○労働基準監督署への申告
労働基準法第104条では、会社が労働基準法に違反している場合、社員は労働基準監督署に申告できます。

事業場に、この法律又はこの法律に基いて発する命令に違反する事実がある場合においては、労働者は、その事実を行政官庁又は労働基準監督官に申告することができ、使用者は、前項の申告をしたことを理由として、労働者に対して解雇その他不利益な取扱をしてはならない。
posted by 労働法 at 02:51 | 労働基準法>違反

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。