労働基準法 違反A労働基準法第104条


労働基準法 違反についてA労働基準法第104条

会社が労働基準法に違反している事を従業員が労働基準監督署に申告した場合、会社側から何らかの不利益を与えられるのではないかと言う心配があります。

例としては、従業員が会社の労働条件を労働基準法違反だとして、労働基準局に申告した場合で、会社側がそれを理由として減給や降格を行った場合などです。

労働基準法ではこういったケースに対しても罰則を定めています。

労働基準法第104条
@事業場に、この法律又はこの法律に基いて発する命令に違反する事実がある場合においては、労働者は、その事実を行政官庁又は労働基準監督官に申告することができる。
A使用者は、前項の申告をしたことを理由として、労働者に対して解雇その他不利益な取扱をしてはならない。

Aの法令に違反した場合は、労働基準法第119条により、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられます。
posted by 労働法 at 02:50 | 労働基準法>違反

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。