労働基準法 違反@

労働基準法 違反について@

労働基準法は労働者を雇い入れた場合に必要になる法律知識ですが、労働基準法に対しての理解の不足などで、様々なトラブルが発生しています。
労働基準法では、賃金・労働時間・休憩・休日・解雇等の基本的かつ最低限の基準が記載されています。

休日や休憩と言った部分で、違反している会社も多く、結果的に司法の介入を招くなどによって会社としても損害になります。


労働基準法に反したら、会社側はどうなるかというと、罰則としては30万円以下の罰金、6ヶ月以内の懲役というのが多い様です。

中でも重いのは、労働基準法第五条の強制労働の禁止に違反した場合で、この場合は『一年以上十年以下の懲役又は二十万円以上三百万円以下の罰金』と言うように規定されています。

労働基準法の条文に対応して、違反した場合の罰則も定められていますので、注意しましょう。
posted by 労働法 at 02:49 | 労働基準法>違反

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。