労働基準法 残業A割増賃金

労働基準法 残業についてA割増賃金


残業をして貰う場合は、割増賃金の支払いが必要となります。
法律で決まっている割増率を乗したものが、いわゆる残業代となるわけです。

計算式としては、割増賃金の金額は、『1時間あたりの通常賃金×時間外労働などの時間数×割増率』となります。

この場合の1時間あたりの通常賃金とは、『1ヶ月の賃金÷1ヶ月の所定労働時間』で求められる金額です。

なお、1ヶ月の賃金には、家族手当、通勤手当、賞与等、住宅手当は含まれません。


割増率

○時間外労働(法定労働時間を越える時間) ・・・25%以上

○深夜労働(午後10時〜翌午前5時)・・・25%以上

○休日労働(法定休日)・・・35%以上


組み合わせで割増率は加算されます。
例えば、時間外(25%)+深夜労働(25%)・・・割増率は50%となります。
posted by 労働法 at 02:42 | 労働基準法>労働時間

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。