労働基準法 残業@

労働基準法 残業について@


まず、残業とは会社の決めた所定の労働時間を越えて働く事をさします。
この場合の労働時間とは、会社(使用者)の指揮・監督下にあって、労働を提供している時間であり、休憩時間・通勤時間は含みません。


また、法定労働時間は、労働基準法で定められた労働時間の上限のことで、1日8時間、1週間40時間です。


この様に労働時間には、会社の決めた所定労働時間と、労働基準法が決めている法定労働時間があります。



そこで、残業という場合にも、法内残業・時間外労働というように、この二つが関係する事になります。

○法内残業というものは、法定労働時間内で行われる残業です。
法定労働時間内である為に、通常賃金の支払はしなければなりませんが、割増賃金の支払いは義務ではなく、支払うかどうかは、会社が決めます。


○時間外労働は、法定労働時間を超える残業とされ、会社は割増賃金を支払う必要があります。
一般的に残業というが場合は、この時間外労働をさします。

posted by 労働法 at 02:40 | 労働基準法>労働時間

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。