労働基準法 第36条と36協定F所定労働時間

労働基準法 第36条と36協定についてF
所定労働時間


法律によって決められている法定労働時間とは別に、就業規則、労働協約で定められた各事業所の労働時間があります。
これを所定労働時間と呼び、この所定労働時間を超えて行われる時間外労働は、法定労働時間の枠内で行われる場合については、割増賃金は支払われません。
労働基準法上、36協定を必要としない為、割増賃金の支払いも義務付けられていない事が理由です。

所定労働時間は、一般的に法定労働時間内に収まる時間の場合が多く、例えば六時間という所定労働時間であれば、それを超えた場合でも、八時間以内なら法定労働時間を越えないので、割増賃金の支払いは義務ではありません。


ただし、就業規則、労働協約によっては法定の割増賃金と同様の措置がとられる事もあり、一律に割増賃金が無いというわけではありません。
各会社に確認をしてみるほうが無難でしょう。

posted by 労働法 at 02:38 | 労働基準法>36協定

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。