労働基準法 休日B休日出勤

労働基準法 休日についてB休日出勤

労働基準法では、毎週1回は労働者に休日を与える必要があります。
ただし、あくまで基本であり、職務によっては毎週1日の休みを与えることが難しい場合などは、4週間に4日の休みを与えれば良いとされています。


また、決められた日に休ませることが出来ない場合は、別の日に休ませる必要が出てきます。
これを、休日の振り替えといいますが、予め決めておく必要があり、いきなり休日に出勤してもらうような場合で、その後に休みを与えるのは代休と呼ばれるものです。


なお、休日振替の場合には、少なくとも4週4日の休日が確保されるようにしなければなりません。
振替によってその週の労働時間が法定労働時間を超える時は、その時間は時間外労働となります。


休日労働(法定休日)の手当ては平均賃金の35%増しとなります。
posted by 労働法 at 01:03 | 労働基準法>休憩・休日

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。