労働基準法 休日A振替と代休

労働基準法 休日についてA振替と代休

休日が決まっていても、仕事上の都合で出勤してもらう必要がある場合も有ります。
その際は、就業規則に規定を設けていれば、休日を振り替えることはできます。
これを休日振替と言いますが、本来の休日の前日までに、前もって振替休日を指定する必要があります。


一方、休日当日になって仕事を命じた場合など、前もって振替休日を指定できない場合や、直近の日を指定できなかった場合などに、休日出勤した場合は、代休と言う休日を与える必要があります。


休日振替と代休の一番の違い
○休日振替の場合には、休日に働いた分は時間外勤務の対象にはなりません。
○代休の場合には、休日に働いた分は時間外勤務となり、会社には所定の手当を支払う義務が生じます。

代休の場合は、会社の都合で休日出勤するようなものです。
posted by 労働法 at 01:02 | 労働基準法>休憩・休日

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。