労働基準法 休憩・休息時間A育児時間


労働基準法 休憩 休息時間についてA育児時間

育児については、育児・介護休業法に規定めがあり、子供が1歳の誕生日を迎えるまで、1年間を限度とし労働者の希望する期間を休むことができます。


この育児休暇をとらない場合は、労働基準法第67条に育児をする事が出来る時間のついて定めています。


労働基準法第67条
生後満1年に達しない生児を育てる女性は、第34条の休憩時間のほか、1日2回各々少なくとも30分、その生児を育てるための時間を請求することができる。


ただし、請求が可能であると言う規定なので、請求しなくても、一回でも構わず、時間も40分でも1時間でも構いません。
どの時間帯に育児時間をとるかは、労働者と会社側が話し合って決めますが、本人の請求した時間になる場合が一般的です。



なお、1日の労働時間が4時間以内の女性パート労働者から請求があった場合は、1日1回30分の育児時間で問題ありません。

この時間帯での賃金に関しては、就業規則の規定に従うか、定めが無い場合は労働者と会社側の話合いにより決めることになります。


注意点としては、育児休暇は母も父親も取得可能ですが、育児時間は労働基準法の規定では女性のみに認められています。


posted by 労働法 at 00:58 | 労働基準法>休憩・休日

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。