労働基準法 休憩・休息時間@

労働基準法 休憩 休息時間について@


労働基準法では、労働者に対しての休憩時間についても定めています。
1日の労働時間が6時間未満であれば、休憩時間を与える必要はありませんが、6時間を超える場合は最低45分、8時間を超える場合は最低1時間の休憩時間を、労働時間の途中に与える必要があります。

この休憩時間は、通常一斉に与えなければなりませんが、労使間協定がある場合には、交替で休憩をとるなどの措置を取る事が可能です。


また、休憩時間は原則として労働者の自由に使う事が出来ます。
基本的に、どの様にすごしても構わず、会社の敷地の外に出ても問題ありません。

つまり、会社側としては原則として労働者の休憩時間の過ごし方に対して、規制する事は出来ません。
また雇用主が何らかの仕事を命じた場合、その時間は労働時間になります。
posted by 労働法 at 00:55 | 労働基準法>休憩・休日

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。