労働基準法 労働時間@ 第32条

労働基準法 労働時間について


週に40時間、1日8時間の労働を法定労働時間と言います。
法定労働時間とは、労働基準法第32条で定められた労働時間の上限のことで、1日8時間、1週間40時間です。
この時間には休憩時間は参入されません。

休憩は、6時間を超える場合は最低45分、8時間を超える場合は最低1時間の休憩時間を、労働時間の途中に与える必要があります。

なお労働時間とは、会社の指揮・監督下で労働している時間で、休憩時間・通勤時間は含みません。
従って、仕事の準備や後片付け、待機時間、研修やミーティングなども会社の監督下である為に、労働時間に含まれます。




ただし、職務の性質上、法定労働時間の適用を受けない場合もあります。
この様な場合は、法定労働時間を越えて働かせても割増賃金を支払う必要はありません。

○管理監督者
○労働条件の決定など経営者と一体的な立場にある者
○機密事務取扱者
秘書などのように経営者または管理監督者と一体不可分の立場にあり厳格な労働時間になじまない者


ただし、以下の者は労働基準監督署の許可が必要です。
監視の業務に従事する者
断続的業務に従事する者
posted by 労働法 at 00:26 | 労働基準法>労働時間

人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。